GOTTANI

岡崎と三河周辺のイベント情報とボクの趣味探しブログです

PILOT 万年筆ワークショップに参加、万年筆にハマりそうなのだ!

      2016/09/28

先日、「PILOT 万年筆ワークショップ」に参加してきました!
PILOT 万年筆ワークショップ

スポンサーリンク

なぜ、万年筆ワークショップに参加したのか?

ボクは、今年に入ってからモーニングページを書いています。(モーニングページについては、また記事にするとして)
モーニングページを続けるために変化が欲しくて、最近、万年筆を使い始めました。
万年筆と聞くと、高いんでしょう?とか、インキ替えとか大変そうというイメージを持っていましたが、PILOTの「KAKUNO」という万年筆に出会ってから、万年筆のイメージが変わりました。
安いうえに書きやすいんです!毎日書いていて気持ちいいんです!こども用だけどね(笑)
というわけで、ちょっと万年筆に興味が湧いてきたところです。

そんな折、よく行く本屋さんで万年筆ワークショップのチラシを目にして、参加してみようと思いました。

ワークショップの内容は?

万年筆の歴史を聞いてから、早速、万年筆の組み立てに入りました。
組み立ては、すごく簡単です。手順に沿って行けば、小学生でもできるレベルです。
組み立て万年筆
また、拡大鏡でペン軸とペン先に出来ている隙間を確認したり、ペン先に書いてある文字を確認したりしました。
ペン調整のための熱処理は、係のお姉さんがしてくれます。
ペン調整をしている間に「色彩雫(iroshizuku)」というインキの試し書きをさせてもらいました。
万年筆のインキというとブラック、ブルーブラック、ブルーくらいしか思い浮かばなかったけど、この色彩雫は、24色もあるんです。
キレイな色の多さに、ちょっとびっくり!
色彩雫iroshizuku
ペン調整が終わると、次にカートリッジインキをセットします。
7種類のインキから好きなインキを選ばせてもらえました。
今回組み立てた万年筆はスケルトンのものだったので、ピンクを選びました。

カートリッジインキのセットは、下から垂直に押し込むと良いそうです。
そして、カートリッジインキを横から潰す感じで、少しだけ押してあげます。
そうすると、毛細管現象でインキがペン先に伝わっていくところを確認することが出来ます。

ドウをクビに取り付けて、ペン調整でついた水分を取って、完成です!
(うちの子供は、バイオレットのインキにしました)
組み立て万年筆完成

「KAKUNO」のほうが書き味は良いですが、普段使わないインクの色が新鮮でした。
おもちゃのような万年筆ですが、自分で組み立てたということで愛着がわきますね。
万年筆がスケルトンだから、ピンク選んで良かったな♪

その後、フリクションインクの実験を見せてもらって約1時間のワークショップが終了しました。

PILOTの万年筆について

並木良輔(パイロットの創設者)らによってイリジュウム合金が作られたこと。
イリジュウムはペンポイントに使われている金属で、国内でイリジュウムを作っているのはPILOTだけだそうです。
また、国内のメーカーで万年筆を一貫生産しているのは、PILOTだけなんです。
そんなところにPILOT万年筆のロマンを感じました。
カスタム845
漢字を書くから、国産の万年筆のほうが良いような気がします。

PILOTの担当者さんに聞いてみた

万年筆についてボクが疑問に思っていたことを聞いてみました。
「万年筆の替えどきっていつ?壊れたという判断はどこを見てするのか?」
基本的には、万年筆って一生物というか、それ以上。
ほとんどの場合、修理が効くそうで、親子の代でも使えるそうです。
また、高い買い物だから試し書きをして、納得して選んでほしいとおっしゃっていました。

ボクは「KAKUNO」(安価なもの)を使っているから、シャーペンが壊れたら買い直すような感覚で質問しちゃいましたが、ちょっと恥ずかしい人でしたね(笑)

「永」という漢字で試し書きする理由は?

万年筆の試し書きに「永」という漢字がよく使われますが、その理由は?
永字八法
「永」という漢字には、書道に必要な8つの手法が詰め込まれているからだそうです。
「永字八法」と呼ばれていて、「点」「横画」「たて画」「はね」「右上がりの横画」「左はらい」「短い左はらい」「右はらい」が含まれています。

万年筆売り場で試し書きするときに「永」を書くと、ちょっと出来る人っぽいですかね~(笑)

PILOTの万年筆ワークショップのまとめ

万年筆に興味ある人や、ボクみたいに最近使い始めた人が参加すると楽しめると思います。
夏休み中ということもあり親子で参加している人が多かったです。(うちもだけど)
自分で組み立てた万年筆を持って帰れるので、うれしいですよね。(非売品のモノだし)

今回は、500円+税という参加費でしたが、帰りに500円相当分のお土産をもらえました。
(フリクションいろえんぴつ3本とぬりえ)
フリクションいろえんぴつ
自分が知らないことも知ることが出来たし、あっという間の1時間で楽しかったです!

「KAKUNO」に飽きたら、次はペン先に金を使っている万年筆がほしいな~。
そして第一候補は、PILOTの万年筆です!

PILOTさん、楽しい万年筆ワークショップ、ありがとうございました。

 - 万年筆